記事一覧

初ホイール交換 カンパニョーロ ZONDAへ

 勝尾寺のクライムヒルで脚力のなさに絶望したあまえびは自分を鍛えるのではなく、金の力で解決しようとした。 というわけでタイトル通りZONDA導入です 

初心者に私でも工具あれば簡単にできました
 どうでもいいけどZONDAってHONDAっぽいですよね 

ロードバイクのパーツで交換して一番効果があるといわれているのがホイール交換 

私のホイール選びの条件は    

  • 予算は5万円以内    
  • 将来に向け11速対応であること    
  • なおかつ9速スペーサー付属    
  • アルミクリンチャー 

ネットや実店舗で調べてZONDAが候補に、ただ店舗では値段が55,000円くらい 
予算オーバー 海外通販サイトwiggleでも調べる 44,000円 
しかも送料無料!!
 ただ2ヵ月くらい前は4万円を切ってた記憶があるのでしばらく様子を見ることに

10日後
 wiggleで38,617円に速攻ポチりました

 
注文してから9日で届きました。 
誤算だったのは配達の際に関税1800円とられたことかな 
受け取ったデッカイ箱を見て嫁が 
「また何か買ったん いくらしたん」 と言ってきましたが
何を言っているのかよくわからなかったのでとりあえず5000円くらいと言っておきました。
 納品書はすぐにシュレーダーしました。
並べて撮ってみる  
zondaは後輪のスポークがG3という特殊な組み方 
カッケーっと一人でニヤニヤしながら眺めてました
付属品は保証書 説明書 クイックリリース 8、9速対応のスペーサー
交換前のノーブランド 前輪 910g
同じく後輪 1,130g
zonda 前輪 670g
zonda後輪  890g 

ホイールは前後で 2,040g 
zondaは前後で   1,560g 
交換すると 480g の軽量化になります 
ホイールやタイヤの軽量化は他の部分の軽量化より倍以上効果があると聞いたことがあるので、非常に楽しみです。
ホイールからスプロケを外します 工具はAmazonで買いました 1600円くらい
スプロケを取り出し ついでだからスプロケは掃除しときました
スペーサーを装着します 
写真ではよくわかりませんが一カ所だけ溝が細いところがあって、そこに合わせればかっちりハマります。
スプロケも装着

 
スプロケのキャップを閉めて あとはタイヤ交換だけです 前輪は省略

 
zondaはリムにスポークの穴がないのでリムテープは不要です これも軽量化につながる

 
完成です なかなか格好いい 
近い内に勝尾寺へ再チャレンジです 
この状態で重量を計測すると10.06キロ 初期の頃の11.82キロと比べるとそこそこ軽量化できたけど 世間のロードバイクは7キロ台 
次のバージョンアップで目標9キロ台! 
zondaに変えて400キロ走った感想は漕ぎ出しが軽くなった 
ペダルを回してないときに減速しにくくなったと思います。


ブログ村に参加しています
もしよければクリックしてやってください
励みになります
👇 👇
 にほんブログ村 自転車ブログへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまえび

Author:あまえび
rockbikes PRIDE phase2をロード化からFOCUS CAYOに乗り換え。
・2017年の目標
 富士ヒル ブロンズ 
 六甲1時間切    

人気記事

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: